農業を営む家族

       代表取締役 田村春代

     取締役専務 田村健一



松茂青果 PR映像


松茂青果とは

1.なにをおこなっているか

 松茂青果では、吉野川上流にある青石の成分と海からのミネラルが合流する松茂町でレンコン、鳴門金時、大根の栽培を行っている。消費者により安全で美味しい野菜を提供するために努力を重ねる中、エコファーマーの認定なども受けた。

 また、日本人の従業員だけではなく、中国やベトナムから海外研修実習生を受け入れ、共に働く仲間として日本の農業を教えている。

 

 

2.農業を始めようと思ったきっかけ

     自分たちの祖父の代から農業を営んでいた。幼少期に見た、祖父と父の背中を追いかけるように、私たちも農業を営むようになった。祖父、そして父の手伝いをするなかで自身も農業を楽しいと感じるようになり、今ではこの松茂青果で徳島の野菜を全国へと広めようと取り組んでいる。

 

 

3.目標は?

 野菜を作る人間として、美味しくて、体にも良く、健康になれる野菜を多くの人に食べてもらいたい。いつまでも美しくありたいと考える人にこそ、私たちの野菜を進めていく。将来的には、6次産業化による商品の開発をし自社のブランドづくりを目指す。